1格安明瞭な出版料金

お手軽出版ドットコムを利用されたお客様からいただく感想の多くが、「高品質な自費出版サービスの割にとても費用が安かった」という内容です。中には安すぎて逆に心配だと思われるお客様もいらっしゃいます。
不必要なサービスの削減や、社内の効率化によって、安く自費出版サービスを提供できるようにしていますが、品質には高いこだわりをもっております。
他社にはない驚きの安さは、以下の方法で実現しています。


c積極的な営業・勧誘は行いません

電話やダイレクトメールでの勧誘はもちろんのこと、営業目的のセミナー、出版賞等、著者様に不必要だと思われるような営業活動は行っていません。
また、このホームページ「お手軽出版ドットコム」から、お客様を募集しており、サイト内で自費出版を詳しく説明し、自動で出版費用を見積もり、申し込みまで完了できます。
そのため、他社に比べ営業にかかる費用が極端に少なく、それが出版費用の安さにつながっております。

c制作の内製化で余計なマージンをカット

大手の出版社は、自社で編集やデザインなどはせず、子会社に外注することが多いです。
印刷会社はデザインが苦手な会社が多く、デザイン会社は編集が苦手な会社が多いため、その場合も他社に外注することになります。
そういった会社で自費出版を依頼すると、制作にマージンが発生してしまうため、どうしても直接依頼するよりも高くなってしまったり、品質が安定しなかったりします。
当社ではデザイン部、編集部を社内に設置し、制作を内製化しておりますので、出版に必要なサービスは社内で完了することができ、余分なマージンが発生しません。

c書籍の仕様によって最適な印刷会社、印刷設備を選択

印刷製本は、お客様の本の仕様に合わせて、当社提携の最適な印刷会社・印刷設備で製作します。
例えば、カバーと書籍本体の印刷は、それを得意とする別の印刷会社で印刷することもあります。大部数でも少部数でもオンデマンド印刷でも、どのような仕様の本でも、それぞれが得意な印刷会社、印刷設備で製作しますので、常に格安な費用で本を作ることができます。

cお客さまのご要望に合ったサービスだけを提供

お手軽出版ドットコムでは、標準のサービスの中には入れず、オプションとしている提供しているサービスがございます。
例えば、すでに何度も推敲が完了している原稿の場合、編集者による編集は意味がないときがあるため、標準のサービスの中には入れておりません。
このように過剰なサービスを標準のサービスの中に盛り込むのではなく、お客様に合わせて、自由にオプションが選択できることで、不要なサービスが削られ料金がお安くなっています。

出版費用がすぐにわかる自動見積もりのページを用意しています。
自動見積もりでは、出版費用の内訳を明確にしていますので、ご注文後もトラブルなく、安心して出版することができます。

>>出版料金についていただいた多くの感想