1本文用紙の仕様

【上質紙】
白色の紙で図や文字がきれいに見れます。
モノクロ印刷に適しています。

【クリームキンマリ(書籍用紙)】
クリーム色の紙で目にやさしい色です。一般的に小説や文芸書等ではクリームの用紙を使用することが多いようです。
モノクロ印刷に適しています。

【b7トラネクスト(嵩高微塗工紙)】
すこしざらっとした手触りの紙で、やさしい風合いを持つラフ調塗工紙です。他の同程度の重さの紙と比べて若干厚みがあるので、ページ数が少ないが厚みを出したいというような場合にも適しています。
また、白色度が高く光沢度が低めのため、落ち着いた色味のカラー印刷にも適しています。

【b7ナチュラル(嵩高微塗工紙)】
b7トラネクストと同じくすこしざらっとした手触りで、やさしい風合いを持つラフ調塗工紙です。b7トラネクストに比べると薄いクリームの色味を帯びており、文字の読みやすさを重視した自然な白さの色相の紙です。

※b7ナチュラルとb7トラネクストは同じ金額で変更できます

※以前の紙見本に入っていました「OKブライトラフ」はb7ナチュラルに変わりました。色味や風合いはとても似ていますが、再生紙特有の小さな点はなくなります

【コート紙】
表面に塗料が塗布され、若干光沢感のある紙です。
カラーが綺麗に印刷できるので、写真集などによく使われます。

【ニューVマット(マットコート紙)】
表面にマット(光沢なし)の塗料が塗布され、高級感のある紙です。
カラーは綺麗に印刷できますが、少し落ち着いた色味になります。
写真集や絵本などでよく使われます。

※紙は、断裁前の紙1000枚の重さで表します。
 同じ紙であれば、グラム数が大きいほど厚い紙となります。

紙の見本は資料に同封しております。本文用紙の見本を手にとってご覧になりたい方は、ぜひ資料をご請求ください。 >>資料請求ページへ