1書店での陳列について

c「一般の書籍と同じように」書店流通が可能です

お手軽出版ドットコムの特長の一つに『「一般の書籍と同じように」書店流通が可能』という点があります。

自費出版会社の中には「あなたの本が必ず書店に置かれます」「全国○店に必ず配本されます」などとうたっているところがあります。
「あなたの本が必ず書店に置かれます」とうたっている出版社は、書店に「○○社の本」などのコーナーを持っている場合が多いです。
これは、一般的に「棚貸し」「棚買い」と呼ばれるシステムで、出版社は、書店の一角にその出版社の本を置いていただく契約をしているのです。
必ず置いてもらえるならその方が良いと思われる方もいるでしょう。
しかし、実際に書店で見ていただくと分かると思いますが、いわゆる「棚貸し」本は、通常の本とは並び方が異なります。一般的な本は出版社ごとではなく、文芸書、実用書、IT関連本、写真集など、ジャンルごとに並べられています。どういった本が欲しいのか、自分の希望に合わせてそのジャンルの本棚を探すというお客様がほとんどでしょう。そのため、全てのジャンルがまとめられている「○○社の本」コーナーで立ち止まって本を探す人はごくわずかです。
さらに、中には「一定期間、書店に本を置いていただき、売れなかったら出版社がその本を書店から必ず買い取る」という買取保証契約をしている出版社もあるようです。
この場合、著者には「○冊売れましたよ」とお知らせされますので、著者はそんなに売れたのかとうれしくなってしまいます。しかし実際は、それを望んだお客様の手に渡っている「本当の売り上げ部数」だけではなく、出版社が書店から買い取っている部数も含まれているのです。では、出版社が本を買い取る費用は、どこから出ているのでしょうか?その費用は著者が払う自費出版料金に含まれているのです。
もちろん、著者様が納得されてその料金を支払って「棚貸し」システムを利用して出版をするのでしたら、全く問題はありません。有名書店で自著が必ず一定期間売られているという喜びは、代えがたいものがあるでしょう。

c棚買いや買取保障をしない理由

一方、当社の場合は、棚買いや買取保証などは行っていないので、「必ず本を●ヶ月の間、●●書店に置く」「必ず売れる」という保障はできません。しかし、その分、「無駄になってしまう費用」を省くことができます。
また、当社の本は、一般の書籍と同じように流通しますので、著者様の本が「そのジャンルの本を探している人の目に触れる」=「本当の読者に届く」可能性が高くなります。 お手軽出版ドットコムから全国書店流通をする書籍は、大手出版社から発売されている書籍の多くと同じように、配本先書店や配本数は取次会社が決定します。取次会社は過去の類似書の取り扱い状況などから、そのジャンルの本を多く扱っている、そのジャンルの本がよく売れる書店に配本します。流通部数が少ない場合は、主要都市の大きな書店が中心になることが多いです。
また、配本された書籍の設置場所や期間は、書店が決定します。書店員によってその本に適したジャンルの棚に陳列されますので、そのジャンルの本を探しに来た、本当にその本を必要としている方の目に留まる可能性が高くなります。

自費出版の書籍は、広告展開や部数などさまざまな面で多くの売り上げを出すことは難しいです。
ただ中には、有名出版社の本を押さえて、ある有名書店のジャンル別売り上げランキングの上位に長くいる本もあります。
当社の全国書店流通は、有名出版社や著名な方の本などと一緒に流通しますので、本当の市場であなたの本の真価を問うことができます。

c書店で陳列されるための「おすすめオプション」

一般流通させている書籍ならではのオプションもご用意しておりますので、よろしければ当社の全国書店流通と併せてご利用ください。

d注文用チラシFAX送信オプション

全国の書店に対し、FAXで新刊案内として注文用のチラシを送るオプションサービスです。直接書店にアピールする広告媒体として、いまだ根強い手法のひとつです。
当社ではFAXの送信先を、都道府県や書店の大きさ、立地、取り扱いジャンルなど、細かく指定することが可能です。
書店からの注文は、通常1件あたり1~5冊程度、配信件数に対する注文部数は、1~10パーセント程度のことが多いですが、中には1件で10冊~30冊など多くのご注文をいただける場合もあります。

書籍の内容にあわせた書店に向けて注文用チラシを配信することで、効果的にご注文がいただけます。
>>注文用チラシの作成・書店へのFAX送信オプションの詳細へ

【過去のFAXチラシ送信例】
過去にオプションのFAX注文用チラシを送り、書店からの反応が良かったものをご紹介します。
※なお、紹介する注文件数は当社で把握している部数のみとなります。取次会社等へ注文があったものについては含まれません。

IT関連本
指定13県で総売場面積200坪以上のコンピューター書常備書店320件ほどに配信。前著の販売が好調だったこともあり、240冊ほどのご注文をいただきました。
実務者向け専門書
全国総売場面積200坪以上の書店1900件ほどに配信。180冊ほどのご注文をいただきました。
語学関係学術書
全国の売場面積200坪以上の人文書常備店と学校内・学校近隣店1000件ほどへ配信。180冊ほどのご注文をいただきました。
地域紹介本
指定2県の180件ほどへ配信。著者ゆかりの地であることもあり、80冊ほどの注文をいただきました。


d書店訪問営業オプション

書店訪問営業は、主要都市(東京・大阪・名古屋)の書店を中心に当社営業担当が直接訪問営業を行うオプションサービスです。それぞれのジャンル担当者に注文チラシを使って注文していただけるように交渉します。またポップも制作し、棚へのポップの設置を促します。訪問できる件数はFAXと比べると少なくはなりますが、その分細かな書籍の魅力紹介や、ポップによるお客様へのアプローチが可能になります。
書店への確実なアプローチをお考えの方や、少しでも多くの配本をご希望の方におすすめのオプションです。
>>書店訪問営業オプションの詳細へ

【過去の書店訪問営業例】
過去にオプションの書店訪問営業をご利用いただき、書店からの反応が良かったものをご紹介します。
※なお、紹介する注文件数は当社で把握している部数のみとなります。取次会社等へ注文があったものについては含まれません。

語学学習書
一般向けの語学の学習書です。約3ヶ月の間に、210冊ほどのご注文をいただきました。
資格試験対策本
IT関連の資格試験対策本です。約1ヶ月半の間に、220冊ほどのご注文をいただきました。また、同時期に同じ方が出版した関連書籍も併せてご紹介をし、130冊ほどのご注文をいただきました。
詩集
名古屋出身作家の詩集です。著者出身地域を中心に、約2ヶ月の間に110冊ほどのご注文をいただきました。
幼児向け絵本
新入園の幼児に向けた絵本です。年度末から新年度に合わせて営業し、約3ヶ月の間に150冊ほどのご注文をいただきました。
戦争体験記
戦争を体験した少年のノンフィクションです。発行直後と、夏季の終戦の時期に合わせて営業を行いました。合計4ヶ月半で160冊程度のご注文をいただきました。
生活実用書
お母さまたちに向けた育児書です。約3ヶ月の間に150冊ほどのご注文をいただきました。
時事・政治関連書
選挙の時期に合わせて、憲法改正についての書籍の営業を行いました。約1ヶ月の間に、200冊ほどのご注文をいただきました。
生活実用書
女性向けの美容関連本です。約3ヶ月の間に、200冊ほどのご注文をいただきました。