>カバー・表紙の作り方

カバーは、自分で完全データを作る場合・既製型サンプルから選ぶ場合・写真素材・イラスト素材のみ用意する場合・デザイナーに製作を依頼する場合があります。
ここではその特長を説明します。

>自分で完全データを作る

こちらをご参考ください。

>既製型サンプルから選ぶ

弊社でご用意している、100種類以上の装丁のサンプルからお好きなものをお選びいただけます。サンプル装丁は全て無料となっておりますので、お好きなものをお選びください。
サンプルはこちらからご確認いただけます。
また、サンプル装丁は、色や書体の変更も可能です。写真を利用しているものは、写真の差し替えも出来ます。
色や書体の変更、写真の差し替えも無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。
また、イラストの作成費用(カラー1点:10,000円(税抜))をいただければ、既製サンプルのイラストを変更することも可能です。
イラストの一例はこちらからご覧ください。 >>既成の装丁一覧へ

  • 写真差し替えの例

  • 色や書体の変更の例

  • イラスト変更の例

>写真素材・イラスト素材を用意する

写真・イラストなど、ご準備いただいた素材に、弊社でタイトル・著者名を入れます。
複雑なレイアウト組みなどが無ければ、無料でお作りいたします。
手書きのものをご支給いただく場合は、別途スキャニング料金がかかります。

★画像をご準備くださる際は、以下の点にご注意ください★
・表紙のみに使用するのか、裏表紙までに渡って使用するのか
画像を表紙のみに使用し、裏表紙は白いままの状態の場合は、画像がそのまま表紙になる形となります。裏表紙までに渡って使用する場合は、右綴じの場合は画像の右半分は裏表紙になりますので、メインとなるモチーフが画像の左側に来ているものをご使用いただくと良いでしょう。
また、表紙のみに使用する場合は縦長の画像が、裏表紙にも渡って使用する場合は横長の画像が良いでしょう。表紙サイズの比率と御支給いただく画像サイズの比率が大きく異なると、ご支給いただいた画像の端を切り落とさなければいけなくなる場合があります。
画像についての詳細は、こちらをご確認ください。 >>画像のお話へ

>弊社にデザイン制作を依頼する

お手軽出版ドットコムでは、オリジナルデザイン装丁の作成も承っております。
著者様の伝えたい事や、想いが詰まった本の「顔」となる装丁を、オリジナルデザインでご提案いたします。
既製の装丁ではなく、独自性を出されたい著者様にお勧めです。 オリジナル装丁のご紹介では、オリジナルデザイン装丁作成の流れと作成例を紹介しています。 >>オリジナル装丁のご紹介へ