qソフトカバーとハードカバーの違いは?

a

ソフトカバーは並製本とも呼ばれ、ハードカバーに比べ表紙が柔かく、本文用紙と同じ大きさの表紙になります。実用書などによく見られます。また、新書や文庫本はほとんどがソフトカバーです。
ハードカバーは上製本とも呼ばれ、ボール紙に色上質紙を包んだ表紙が使われ、丈夫で長持ちします。また、表紙の大きさが本文用紙に比べてやや大きめになります。小説などにはハードカバーの書籍を使う場合が多いです。なお、ハードカバーの場合、必ず見返しをつける必要があります。

  • ハードカバー(上製本)

  • ソフトカバー(並製本)

>>書籍体裁(ハードカバーとソフトカバー)へ


dこの質問をしている人は下記の質問も見ています。