2書籍体裁(ハードカバーとソフトカバー)

cハードカバー(上製本)

ボール紙を色上質紙で包んだ表紙が使われ、丈夫で長持ちします。また、表紙の大きさが本文用紙に比べてやや大きめになります。
ページ数の少ない書籍や絵本、長期間保管する書籍に向いています。 逆に、気軽に持ち歩いて読んで欲しいような書籍には向いていません。
※角背は特にページ数の少ない書籍に使用します。
※本体の表紙に使用する色上質紙の色はお選びいただけます。色のサンプルは、こちらをご確認ください。

cソフトカバー(並製本)

ハードカバーに比べて表紙がやわらかく、本文用紙と同じ大きさの表紙になります。
ハードカバーよりも値段がお安くなります。
本の厚みが薄くなるので、ページ数の多い書籍や持ち歩きやすさを重視する書籍に向いています。